2018 -7/1(日)

「ポートレート撮影」を「作品撮り」にする3つのワークショップ


写真学校や普通の写真セミナーとはちょっと違う!感覚では教えにくい写真をキチンとした理論で最も分かりやすく伝える。。。それがMGRA写真教室です。雰囲気はアットホームでポートレート撮影初心者、撮影会未経験の方でもあっと言う間になじんでしまいます^^

 
あなたの作品撮りを成功させるために・・・

「ポートレート撮影」と「作品撮り」の違いって何でしょうか?

僕が思うに、「ポートレート撮影」はモデルさんや被写体の魅力をメインに写真におさめる撮影で、
「作品撮り」はコーディネートや背景、表情やポージングを構成しながら画面全体で見ている人に
何かを伝える写真を撮る事だと思います。

背景やインテリアと着ている服のコーディネート、

そしてモデルさんに対する演出などを画面の中で調和させる(ハモらせる)ことで、
より強く空気感や雰囲気を伝える写真を撮影することができます。

この講座ではゴシック&ロリータスタジオを使って、
画面のハモらせるコツをお教えし、
普段の撮影を”作品撮り”に近づける方法をお教えします!!

服のコーディネートや演出を変えて

モデルの二面性を引き出す!

 


おすすめのクラス:■初級■中級■中〜上級

1.座学にて男性があまり知らない女性の服の話をPowerPointで画像を沢山見せながら進めていきます。 (座学30分)
今の女性の服の系統はザックリ分けて『スウィート系(甘め)』『カジュアル系』『クール系(ギャル系)』等があり、
それぞれの服に合う背景、ライティング、ポージングがあります。ポートレート撮影の際は、モデルのコーディネートをしっかり
把握するのがポイントです。

2.実際にモデルさんにスィート系の服(ワンピース等)を着てもらい、ピンク背景で撮影。(撮影30分)
ライティングは柔らかめ(自然光でも良い)、あまり影を出さずに撮影する。
演出はポージングは重心高めで、表情は明るめなど画面をハモらせていきます。

3.クール系に着替えてもらい(Tシャツにショーパン等、露出やクラッシュがあると良い)、ダークな背景で撮影。(30分)
ライティングは直当てで、ガッツリ陰影を出しながら撮影する。演出はポージング重心低めで表情はクール等指示していきます。

 

アイテムちょい足しで"ポートレート撮影"を

"オシャレな作品撮り"に!!


おすすめのクラス:■初級■中級■中〜上級 

1.第1部でお話ししたように、背景と服のコーディネートを調和させながら画面の雰囲気をつくっていくと
 "ポートレート撮影"が"作品"になっていきます。
 そこにアクセサリーや帽子などの効果的なアイテムを画面の中にちょい足しすることで、
 画面がより魅力的でオシャレになることがあります。
 アイテムがない場合でも表情や雰囲気を上手に演出することで"空気感"や"世界観"をちょい足しすることができます。(座学30分) 

2.
実際にモデルさんにクール系の服を着てもらい、ダークな背景で撮影。
 ライティングはクールめで、ガッツリ陰影を出しながら撮影する。
 途中でシルバーのアクセサリーやバングル、スカーフなどでアクセントを足すと画面の雰囲気が変わってきます。(撮影30分)

3. モデルさんにスウィート系の服に着替えてもらい、ピンクの背景で撮影。
柔らかめの光で、途中からレースの布やパールのアクセサリーを足すことで、画面の雰囲気が変わっていきます。(撮影30分)

 

ダークな世界観のポートレートを撮る


おすすめのクラス:■初級■中級■中〜上級

1.ダークな雰囲気のポートレートを撮りたいのですが・・・みたいなお話を良く聞きます。

    ダークな写真といっても色々ありますので、写真集やPowerpoint で古今東西のダークな写真の作例を紹介していきます。

    撮影ではゴシック&ロリータスタジオのゴシック部分を活かしながら、ダークなポートレートを撮影していきます。(座学30)

 

2.思い切ってモデルさんを白黒で撮影する。

    カメラのコントラストを強くするとクールに、弱くするとソフトな写真になります。(撮影30分)

 

3.思い切ってシャッターをスロー気味にする。

    ワザとブレを出したり、ストロボをスローシンクロさせることによってムードを足していきます。(撮影30分)

 

おすすめのクラス:目安

■超初心者 昨日カメラを買ったばかりな方

■初級 とりあえず写真は撮れるけど色々良く分からない あまり撮らない

■中級 カメラの操作がある程度できる もっと上手く撮りたい

■中〜上級 中級者以上



button_default_gr.png写真教室の流れ

A・場所を選定 → ワンポイントアドバイス

B・囲み撮りにて露出/WBチェック → 参加者が順番に撮影 → 場所を移動

▲まずは講師がその場所での見本を撮影します。見本画像を参加者全員でチェックしながら、要点を確認します。

講師の見本撮影と同じカメラの設定にして囲み撮りします。

順番に一人ずつ講師と同じ撮り方を試します。



モデル

MARY

 

Twitter

セクシーで健康的な印象のとても撮りやすいモデルさんです^^

株式会社BABY BOO 所属

東京モーターショー

東京オートサロン



講師



スケジュール

1部 11:00-12:40 100分

2部 13:40-15:20 100分

3部 16:10-17:50 100分



参加費

 

 

第1

第2

第3

参加枠

 6名  6名   6名

■超初心者 昨日カメラを買ったばかりな方

■初級 とりあえず写真は撮れるけど色々良く分からない あまり撮らない

■中級 カメラの操作がある程度できる もっと上手く撮りたい

■中〜上級 中級者以上

 

 ・参加状況はお申込みページより御確認ください。



集合場所/開催場所 

ゴシック&ロリータスタジオ

東京都新宿区山吹町295番地 正豊ビル2階

 

 



参加に必要な物

カメラ

レクチャー内容は主に「デジタル一眼レフカメラ」が対象となります。

 

「ミラーレス一眼」(「OLYMPUS PEN」「SONYα NEX」「Panasonic LUMIX G」など)などの参加も可能ですが、こちらのカテゴリーに関しては各機種で操作が大きく変わるため、操作に関してはレクチャーが行き届かない場合もございます。予めご了承ください。

 

★ストロボ撮影可能なカメラについてこちらも御覧ください。

 レンズ

・メインのレンズとして標準域(50mm)を含む標準ズームレンズ または 単焦点レンズを必ずお持ちください。

使用カメラの説明書

・設定方法に関して必要になる場合がありますのでお持ちください。



使用機材について

クリップオンストロボ、、ラジオスレーブ、ワイヤレス、照明アクセサリなどの使用機材は教室で用意いたします。



備考

 「動画撮影」「録音」は禁止です。

止むを得ない事情により内容変更、モデル変更、中止の場合があります。

撮影会ではありませんので、参加者の撮影枚数は少ない場合があります。

 

◆教室HP、ブログなどで使用する「教室シーン撮影(静止画/動画)」を

スタッフが撮影する場合がございます。予めご了承ください。

※正面からの顔が写っている写真は使用致しません。

ご協力宜しくお願いいたします m_ _m

 

止むを得ない事情によりモデル変更、中止の場合があります。

 

その他→お手数ですがこちらもお読み下さい。



お申し込み

必ず上記の備考をお読みになりご承諾いただいた上で

こちらのメールフォームよりお申し込みください。

       ↓



当日連絡先



質問