2016 - 6/11(土)

『レベル別  ポートレート撮影力講座』(公園編)


写真学校や普通の写真セミナーとはちょっと違う!
感覚では教えにくい写真をキチンとした理論で最も分かりやすく伝える。
それがm-Gra写真教室です。

雰囲気はアットホームで
ポートレート撮影初心者、撮影会未経験の方でもあっと言う間になじんでしまいます^^

下の写真は写真教室開催中に撮ったものです。
ということは、こんな写真が撮れるテクニックが学べるかも!?
乞うご期待♪


▼ 講師が見本を撮影 → タブレットに表示して、参加者全員でチェックします。だから分かりやすい!


1

「一生使える普遍的基礎力を学ぶ

   新人フォトグラファー養成講座」

おすすめのクラス:


「昨日カメラを買ったばかり/人物撮影は初めて」な超初心者さんを、自然光の下で自由に写真が撮れるレベルまで一気に引き上げるための基礎講座。
実際にモデルさんを目の前にしてシャッターを切らなければ上達はもちろん、理解すらもままならないのが「人物撮影」です。 さあ、「アナタのカメラ」で「実際にシャッターを切って」「アナタの人物写真」を撮りましょう! ミラーレスでの参加も全然OK♪ 頭と体感で写真/カメラを理解しましょう♪

「素敵なポートレート写真」はこの講座から生まれます!

 

●周囲の明るさ、色味に合わせたカメラの設定を行い、実際にモデルさんを撮影する。

●構図の基礎、モデルさんとのコミュニケーションを意識して撮影をする。


 

明るすぎた場合、暗すぎた場合にどうやったら適切に対処できるか分かりますか?
どのボタン?

どのダイヤル?

どのメニュー項目????

さらにその操作を
『キレイなモデルさんを目の前にして』冷静にできるでしょうか?
写真教室はそういった事を体験する場なのです。

 

1,まずは失敗では無い写真を撮るために
・明るさを決める(→露出)
・色を決める(→ホワイトバランス)

 

2,イイ写真を撮るために覚えたいコト
・人物写真の構図を覚える
コミュニケーション術を知る 



 2

「【型】による ポートレート撮影力鍛錬講座」

おすすめのクラス:

センスやノリで行き詰まった方へ。

基本なくして応用は無い。 モデル撮影の趣味は、カメラも機材もモデルさんも場所もたっぷりと選択肢があります。

最初は嬉しいものですが、その選択肢の多さに、多大な迷いも生じます。

迷ったら基本に帰り、基本ワザを高めた上でまたさらに上を目指す!

そんなテーマにしてみました♪

初心者クラスの技能をより合理的に使いこなしたい方向けの講座です。

 

実際のポートレート撮影に則した、基本撮影技術の使い方、使いどころを体に染み込ませる

基本撮影能力をより安定させつつ、「作品」を撮るための応用的な領域に触れる。


基本の【型】

撮影の序盤はこう攻める!

 

・撮影の最初は「モデル撮影の型」のメリットを使ってみましょう。【型】を撮りながらモデルさんの引き出し方を探っていきます。

 

・全身〜アップの撮り方

・表情

・ポージング指示

・撮り始めの場所設定

・コミュニケーションの基本

 

応用の【型】

撮影中盤〜終盤の攻め方!

 

・序盤の撮影を踏まえて、写真イメージを構築♪

夕暮れ、イイ光、そんな時にこそ撮っておきたい【型】を研究します。

 

応用の【型】

・全身 アップ以上の構図

・大胆なフレーミング ・思い切った露出

・表情バリエーションの増やし方 ・全体の構成を考える



  3

自然光とストロボ光で作品撮影に挑戦する。

自然光と人工光(当講座ではストロボ)を状況に合わせて適切に使い分けることができれば、天候変化への迅速な対応、表現のバリエーション展開などが容易になります。

中級クラスフォトグラファーらしい柔軟で表現力豊かな撮影に役立つ具体的なテクニックを実践する第3部です

 

初級から中級クラスへのスキルアップを目指す方、中級クラスの技能をより確実にしたい方必須講座となります。

おすすめのクラス:

 

逆光撮影や日中シンクロ撮影を通して、自然光とストロボ(クリップオン)を使い分けた野外ポートレートの中級フォトグラファーテクニックを実体験する。


 ・「夕景ポートレート」

思い切った露出でひと味違った「夕景ポートレート」を演出してみよう!

・「日中シンクロ」

原理さえ覚えれば簡単に撮れるようになる!

「クリップオンストロボ日中シンクロテクニック」をマスターしよう♪

・「逆光フレアポートレートテクニック」

かなりムズカシイテクニックですがインパクトの大きな写真が撮れるゾ!ピントや露出のコツを覚えよう!

・クリップオンストロボを擬似太陽として撮る

曇り空でも「写真で太陽を作る!?」かなり特殊なテクニックにチャレンジ!

 



button_default_gr.png写真教室の流れ

A・場所を選定 → ワンポイントアドバイス

B・囲み撮りにて露出/WBチェック → 参加者が順番に撮影 → 場所を移動

▲まずは講師がその場所での見本を撮影します。見本画像を参加者全員でチェックしながら、要点を確認します。

講師の見本撮影と同じカメラの設定にして囲み撮りします。

順番に一人ずつ講師と同じ撮り方を試します。



モデル

 

WEB



スケジュール

  • 1部 11:2512:40  75分
  • 2部 13:2015:20  120分
  • 3部 16:0018:00  120分

・各部10分前より受付開始します

・各部途中休憩有ります



参加費/参加状況

 

部          参加費                  参加状況

1部  4,500円             ◯ ◯ 

2部  9,000円             ◯ 

3部  10,500円           ◯ 

 

・3名以上参加にて開催決定
・当日現金にてお支払いください
・なるべく釣り銭が少ないようにご用意いただけると助かります
・前日20:00に参加人数に達しない場合は中止となります



参加資格の目安

どの部への参加も可能ですが内容が合わない場合もある事をご了承ください。

 


昨日カメラを買ったばかりな方

 


とりあえず写真は撮れるけど色々良く分からない あまり撮らない

 


カメラの操作がある程度できる もっと上手く撮りたい

 


中級者以上

 



集合場所/開催場所 

【調整中

 

開催前は電話や受付が集中して道案内できない場合も御座います。

時間に余裕を持ってお越しください。



講師



キャンセル料

開催日の前日 PM15:00以降

参加料金の90%

 

但し、参加人員の繰り上げが行われた場合はキャンセル料は無料になりますのでなるべくお早めにご連絡ください。(例 お一人様キャンセル → 他一名参加)



参加に必要な物

03.pngカメラ

レクチャー内容は主に「デジタル一眼レフカメラ」が対象となります。

 

「ミラーレス一眼」(「OLYMPUS PEN」「SONYα NEX」「Panasonic LUMIX G」など)などの参加も可能ですが、こちらのカテゴリーに関しては各機種で操作が大きく変わるため、操作に関してはレクチャーが行き届かない場合もございます。予めご了承ください。

 

2,3 ご参加の方はストロボで撮影しますので以下のカメラで参加可能です

●「マニュアル撮影」ができるデジタルカメラ

(ダイヤルに 'M' モードがついているカメラ)

 

●フラッシュシューがあるデジタルカメラ

 

★ストロボ撮影可能なカメラについてこちらも御覧ください。

 02.pngレンズ

・メインのレンズとして標準域(50mm)を含む標準ズームレンズ または 単焦点レンズを必ずお持ちください。

 

・広角レンズ、望遠レンズの使用もOKですが基本装備として標準レンズまたは 標準ズームレンズをお持ちください。

Book.png使用カメラの説明書

・設定方法に関して必要になる場合がありますのでお持ちください。



備考

★少々の雨天(小雨程度)の場合は開催します。
それ以上の悪天候での開催判断は 当日 am7:00前後 に HP と Twitter でご連絡いたします。

 

「動画撮影」「録音」は禁止です。

止むを得ない事情により内容変更、モデル変更、中止の場合があります。

撮影会ではありませんので、参加者の撮影枚数は少ない場合があります。

 

◆教室HP、ブログなどで使用する「教室シーン撮影(静止画/動画)」を

スタッフが撮影する場合がございます。予めご了承ください。

※正面からの顔が写っている写真は使用致しません。

ご協力宜しくお願いいたします m_ _m

 

その他→お手数ですがこちらもお読み下さい



お申し込み

必ず上記の備考をお読みになりご承諾いただいた上で

こちらのメールフォームよりお申し込みください。



【m-Gra】

写真教室・カメラ機材など

【出演モデル募集中】
・m-Gra撮影会/写真教室のモデル募集です!

【スタジオパイン】
レンタルスタジオ

【DWORKs】
撮影のご依頼はこちらから